【徹底解説】SIRCADからCAD図面に変換する方法!

SIRCAD

それでは早速、インポートしたデータから伏図・軸組図を作成していきましょう!

JOBの設定をしよう!

まずはインポートしたデータをこれから取り扱う「JOB」として設定します。

1)基本画面からJOB選択にカーソルを合わせJOB名の設定をクリック。

2)この画面が出てくるので、作図するJOB名選択をクリック。

3)基本画面に戻るので、左上にJOB名があるのを確認しましょう。

いよいよ作図!

作図を始めます。ここでいう「作図」とは、電算で入力されている建物を、伏図や軸組図等の図面として、SIRCADに作図させることを言っています。分かりますでしょうか?

1)作図にカーソルを合わせ自動作図をクリック。

2)作図画面が出たら、『新規作成をクリック。

3)『図名を入力する。「伏図」、「軸組図」、「柱リスト」、「鉄骨詳細図」等。

4)『図面挿入ボタンをダブルクリックする。

5)この中から『図面種類を選択、クリックする。※ここでは『一般階伏』。

6)①『Zで階数を入力。②『見上げ』『見下げを選択。③縮尺を入力。④OKをクリック。

7)ポインタに枠が連動するので、作図する位置をクリックして指定する。

8)指定した位置に作図されます。OKをクリックする。他階や他にも作図する場合は、4)図面挿入をクリックから繰り返す。

以上がSIRCAD内で作図する手順です。他図面も同じ要領で作図していきます。

CADデータに変換しよう!

さあ、これで図面に必要な線が平面的になったので、次は必要なCADデータに変換していく作業です。

1)構造図』→出力』→『CAD変換』→『CADの種類をクリックして、変換したいCADの種類を指定します。

2)設定画面が出るので、

参照で変換データの保存場所を設定→②文字倍率等の設定で設定 →③作図ファイル指定をクリック。

↓JWCADの設定画面

↓AutoCADの設定画面

3)①変換する図を選択、②指定終了をクリックして、上図の設定画面に戻り、変換をクリックすると、変換されます。

4)指定したフォルダにデータがあるか、確認しましょう!

jwの場合は属性が『jwc』になり、普通には開けないので、これを『jww』と打ち直すと属性が変わり、普通に開けるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。SIRCAD内での作業のおおまかな流れとして

1.電算データをインポートする。

2.伏図、軸組図等をSIRCAD内で作図する。

3.しようするCADにデータを変換する。

でした。他レイヤーや文字の大きさ等様々な設定変更ができますが、まずは一回変換してみて、それから色々と修正をしていくのが良いかと思います。ここの操作説明についても上げたいと思っていますので、参考にしてもらえれば幸いです。

何かご意見等あれば、ご気軽にご連絡頂けると嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました